職長及び安全衛生責任者教育

職長:製造業や建設業などの現場系業種で新たに監督者となった方(主任、係長、リーダーなど)は、職長の教育を受けなければなりません【労働安全衛生法60条】
安全衛生責任者:建設業の下請負人となった事業場の現場責任者に受けていただく教育です。
本教育の修了により職長と安全衛生責任者の2つの資格を同時に取得できます。

コース 受講資格 講習料金 講習初日 2日め
2日
コース
■18歳程度以上 12,963円(本体)
14,000円(税込)
8:20

16:40
8:20

17:00

職長と安全衛生責任者は同一人が選任されることが多く、教育内容も互いに共通する部分が多いので、両方のカリキュラムを合併し教育を行っております。この教育を修了すると、職長と安全衛生責任者の両方の修了者となることができます。

職長とは

建設業、製造業、電気業、ガス業、自動車整備業、機械修理業に該当する事業所で、新たに職務につくこととなった職長その他の作業中の労働者を直接指導又は監督する者をいいます。(労働安全衛生法第60条)

安全衛生責任者とは

統括安全衛生責任者を選任すべき事業者以外の請負人について選任が義務づけされています。下図の※印の職務です。(労働安全衛生法第16条)

日程を選ぶ
ご予約

すべてのコースが定員制ですのであらかじめ電話でご予約下さい。

日本語


受付時間
お申し込み

FAXのない方はお電話でお申込ください。

ご案内書の
ご確認
ご予約確定